プロフィール

luminouschoir

Author:luminouschoir
このライブレポートは、メンバーが交代で毎回書いています。ライブの楽しさを、みなさんにお伝えできれば嬉しいです。

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

エリー披露宴Live

2008-06-11

2008年6月8日(日)今日は待ちに待った、我らが『えりー』こと石渡恵理子さんと杉
創一郎さんの結婚式です。

ellie01.jpg


約1ヶ月前に依頼を受けたのですが、ママからその旨を伝える掲示板を読みな
がら、結婚するのが『えりー本人』だと知った時は、本当にびっくりしてスゴく嬉
しい気持ちになりました。
メンバー本人の結婚披露宴で歌うというのはルミナス初の快挙なのです!!

全員一致で、お祝いの気持ちを歌に込めようね!とハッピーな思いで練習して
きました。

毎日準備と仕事に忙しいえりーが、みんなの前で結婚を発表してくれて、よろし
くお願いしますと話してくれた時も、とても幸せな気持ちになりました。

そして、当日がやってまいりました。

憧れのジューンブライド

朝は雨が降っていて、「あぁ、雨降って地固まる。だなぁ…私の時も雨が降って
たなぁ…。」などと10年前の自分を思い出したりして。
午後には雨も止み、晴天になりました。

「今ごろ神前で、白無垢姿のえりーは永遠の誓いを唱えている頃かな?」という
時間に私たちも集合しました。

場所は、二宮神社報徳会館です。

メンバーの中にも、自分がここで結婚式を挙げた。娘が挙げた。友達の結婚式で
来た。等と話は尽きず、私自身も神前だったので、「なんかスゴい緊張するんだ
よね~かつらが時代劇みたいで面白かったの~」とか言って、恒例の「シーッ!」
とお叱りを受けながら、えりーが用意してくれた控え室『瑞穂』へ向かいました。

えりーには内緒だったのですが、お祝いの気持ちを色紙に書こう!とママが提案
してくれて、みんなで書きました。

ellie05.jpg


そして記念に、お皿&お箸&箸置きのペアをりさちゃんが見立ててくれて用意し
てくれました。
驚いたことに、色紙を入れる袋に、しゃねるがお得意の絵を書いてくれてメン
バーの写真なんかも貼ってくれて、とっても心が込もってて上手でした。
でも絵が何故か《3匹のこぶた》なので、最後にお祝い品をえりーに渡した時、
その絵を見たえりーの表情を絶対見逃さないぞと別の楽しみができちゃったの
は私だけ?

ellie02.jpg


5時になり、それでは声出しです。
えりーの選曲の3曲をおさらいして、今日はソプラノが多いから抑え気味でネ。
アルト少ないんだね、でもえりーが入るから!えりーって声大きいよね!!…で
もえりー泣くから歌えないかも…。そうだよね~。あーっ、でも私も泣くぅ
泣かないで歌うぞ~!
また、みんな脱線してしまいます。とにかく心を込めて歌おう。

会館の係の人が何度か進行状況を伝えに来てくれます。
沢山の人がお祝いしてくれるのですから、やはり予定時間より少し遅れて6時15
分頃、「お願いします」の声で階段を上がり披露宴会場『天空』へ。

テナー8名、アルト5名、ソプラノ7名の順で会場に入り、高砂の席の隣まで進
んで行きました。

ここでえりー発見!!
わぁー真っ白のウェディングドレス姿のえりー。
今日はいつもよりいっそう綺麗です。
白無垢と色打ち掛けも見たかったけど、やはりウェディングドレスは花嫁の証よ
ね~素敵にシャーリング加工してある肩出し背中出しのドレスにふわっっと羽
織る感じにレースが肩にかかっていて華奢なえりーの体を包みこんでいて、背中
もとても綺麗でした。清楚な純白のお嫁さんえりーにようやく会えたわけです

新郎、杉創一郎さんとも初対面!すごく優しそうで、ちょっぴり甘えん坊そう
で(ごめんなさい)、そして誰からも好感を持たれそうな素敵な好青年!って感じ
の方でした。
お二人の間では、どちらかが甘えると、どちらかがしっかり支える。って感じの
とってもお似合いのお二人だと思いました。

そしていよいよ私達、余興のトリなんです♪
高砂の隣に促されてスタンバイするとすぐに‥『Oh! Magnify The Lord』の前奏
が始まりました。
ソプラノの私の側は、えりーと旦那様がよく見える位置で、1曲目が始まりえり
ーはアイコンタクトをとるように私に笑顔を返してくれました。(多分…)。(笑)

いきなり黒い集団が入って来て、ノリノリのアップテンポの曲がかかり、お客様
が若干あっけにとられたような表情を見せたのですが、さすがルミナスです!
年の功のうめちゃんが「よろしくお願いしまーす!」と一声。なんだなんだ?!とい
う会場の雰囲気を消し去ったのであります。
後はもうノリノリで、今日は髪をあえてアップにせずロングヘアーで気分はロッ
クンローラーよのうめちゃんのリードで歌い進めていきました。
お酒の入った若い男の人もイケイケどんどん!掴みはOK!で、すっかりペースは
ルミナスのものとなりました。
何度も失敗していた最後の「ベェーーション!」のキメの振り付けも成功しまし
た。

ellie03.jpg


次は、ママのMCです。
「本日はおめでとうございます。恵理子さんのことを私達の間では、えりーと
呼んでいます」
選曲した3曲の説明をしてくれて、
「次に歌う曲は、えりーが旦那様に捧げたいという曲です。歌詞は、貴方に逢った
おかげで変われたのです。私の人生、愛、私の全てを捧げます。という歌詞になって
いるのですが…」

(柏木座のはじまりはじまりぃ~)
「どうしても旦那様に捧げたいということで…、あれっ?でもえりーがいないぞ~?
どこだぁ?あっ!あんな所にいる!一緒に歌ってもらいましょう!せー
えりー!!」→「はぁ~い」とえりーは可愛く挙手して我々の元へ来
てくれました。
この頃からメンバーの目にも涙が滲んできました。

私は決意しました。これから先歌い終わるまで、誰も見ないようにしよう!と。
それでも、やはり、えりーの顔が視界に入ります。
あさちゃん曰く、えりーは「♪My Life(T_T)」だったそうで、それを見ちゃって
あさちゃんも(T_T)だったそうです。
旦那様も時折目をこすっていらしたし、えりーのおばあちゃんらしき方も泣いて
らして、私はどうやって泣かずに感情移入して最後まで歌えるだろうかを模索し
、『天空』の会場だけあって、シャンデリアというのでしょうか照明が雲を縦に
したようなのが幾つもぶら下がっているのが、面白い形だなぁと少し関係の無い
事の力を借りて何とか泣かずにすみました。

My Life,My Love,My All』の時は、1曲目とガラリと違い、これも又、お客様
がぐぐっと真剣にじっくりと聴いて下さった気がします。結婚披露宴にぴったり
の曲でした。英語が分からないお年寄りの方にも歌詞の内容が伝わっているよう
な会場が一体になったような雰囲気でした。みんなえりーと杉さんを祝福する
ために大きな応援団になったようでした。そんな素敵な時間と空間をルミナスの
一員として共有することができて、とても幸せな気持ちでした。

最後はママの説明にもありました、まさしく《喜びの歌》→『Joyful,Joyful』です
始めのママと花ちゃんのデュオ、今日もぴったり息が合っています。いつもと少
し違ったのは、最後の「~オブ デェ-‐-ィ」を花ちゃんがかなり長く伸ばして
くれてお祝いバージョンになっていたことです。伸ばしながら『おめでとー!』
って声が聞こえてくるようで、なんだか最高に嬉しくなりました!

『Joyful』って本当にハッピーな曲です。えりーの選曲バッチグーでしたネ
歌っててもう楽しくて楽しくて
間奏後のいつもの雄叫びは、God!ではなくて、
「えりー!ダーリン!おめでとー!」にしました。何度も練習させてしまいスミマセンでした。
「おめでとー!」の後に、これまたルミナス初でしょうか?⇒《クラッカー》!!
りさちゃん発案!成功しました!
全部が本番には上手くいき(さすがルミナス)、今回参加できなかったメンバー
の分も、みんなでえりーに祝福の気持ちを届けられました。

会場のお客様みなさん温かく最後まで聴いて下さり、本当に素敵な披露宴でした

控え室に戻ってからしばらくはえりーの美しい花嫁姿に興奮したり、幸せそうな
様子に心が温かくなったり、涙で濡れた頬がキラキラしていたり、余韻に浸って
いました。
そろそろえりーがお客様のお見送りが終わる頃よと、残れたメンバーでお祝いの
色紙と品物を渡しに行きました。

ellie04.jpg


二人で写真を撮る時もぴったり頬を寄せてくっついてくれて、ホントラブラブ
でした!
新婚さんって本当いいですね。

そうそう。色紙に書かれた《3匹のこぶた》…えりーはとっても嬉しそうに受け
取ってくれました。
しゃねるは、どんな苦悩があろうともマイスウィートホームをお二人で大切に
築いて下さいネ!という思いだったんだね。だから《3匹の…》(しつこい)

えりーの旦那様は本当にいい方で、「素晴らしい!上手かった!最高!」と沢山
お誉めの言葉を頂きました。

ママも即座に「水曜の夜は出して下さいね!」と。
旦那様も「あっ!はい」と快諾(?!)して下さいました。
えりー!これからもバンバン歌おうネ

お二人のご両親、ご親戚、お友達からも、お誉めの言葉を頂いて、今日も又、自
歌自賛で帰路に着けます。

軽い足取りで、駅前まで歩き、10人ほどで、もう一回「えりー!おめでとー!」
と叫び、乾杯したのでした。

えりー!末永くお幸せに

以上、異常に長いえりー結婚披露宴の巻



Written by Naho chan
Photo by Chanel
スポンサーサイト

Live コメント: 0

関東学院大学

2008-06-06

前日までのぐずついたお天気がウソのような晴天に恵まれた5月27日、小田原は荻
窪の山の上にある関東学院大学小田原キャンパスのお昼の音楽礼拝にて歌わせて
いただきました。

kanto00.jpg


私、長年この地に暮らしていながら、ここに大学のキャンパスがあることを初め
て知りました。
市役所や税務署がある地区からほんの少し上っただけなのに、そこはとても静か
で緑豊かな、まるで別天地。
ついうっかり現実を忘れてしまいそうです。
というか、忘れたい・・・(^_^; アハハ…

11時25分、現地集合。
建物の入り口でみんなで丸くなって小声で音合わせしていると、程なくして国友
先生登場。
なんとスーツにバイクで来られたそうです。相変わらずパワフルだ。。。。。
広い構内を大学の職員の方に控え室まで案内してもらい、ひと心地。
ここからの眺めも絶景です。
少しの休憩の後音合わせ・・・のはずが、会場に入るなりママは客席の方で何や
らブツブツ、ゆうちゃんは席数数えてるし、、、、、何を考えているんだか。。
。ヽ(´ー`)ノふぅ~(ちなみにここは部外者は使えないそうです、残念!)
でもそれだけルミナス好みのホールでした。
ナマ声がいい感じで響きそう。

kanto01.jpg


さあ、いよいよ本番です。
まず最初は『Standing Right in Front of You
国友先生が歌の内容について簡単にお話します。
「法学部のみなさんにちょうどいい内容です」の言葉に“な~るほど!”と納得
の私。(←超単純)
Standing~は・・・
出だしこそちょっと“あらら~?”でしたが、そんなことはご愛嬌。徐々に盛り
上がって最後はばっちり!立ち直りが早いのはルミナスの得意技です。(たぶん・・・)

kanto02.jpg


無事歌い終わりルミナスはステージから客席に移動。
その間に先生はルミナスの宣伝、いつもありがとうございます。

さて、次は国友先生のソロ、ピアノ弾き語りです。

kanto03.jpg


曲目は『From a distance』
美しく、それでいてとても力強く壮大な曲です。
遠くから見れば美しい自然があり、日々を生きる人々がいる。希望があり、愛が
あり、平和を願っている。神様は遠くから私たちを見ています。
そう歌うこの曲は、ベトナム戦争の頃に流行ったそうです。
戦地に向かう人や愛する人を送り出す人々がどんな思いでこの曲を口にしたか、
何度も繰り返されるGod is watching usという言葉にどんな思いを重ねたのか、
想像すると切なくなります。
国友先生の歌声はまるで何かの楽器のようで、英語の歌詞の意味はわからなくて
もこめられた感情はビンビン伝わって、ラストのサビでは不覚にも泣きそうに、、、
や、実はちょっと涙出た。

考えてみたら、日頃教えていただいていても国友先生が熱唱する姿を見るのは初
めてだったりします。
もうこれだけで今日、ここに来れてよかったと思いました。
今回は急なお話で平日だったこともあり8名という少ない人数での参加でしたが、
また機会があったら是非たくさんの人に体験して欲しいと思います。

素晴らしい歌の余韻が残る中、大学の村椿先生のお祈りで礼拝は締めくくられま
した。
国友先生や学生のことと共にルミナスの今後についても祈りを捧げていただいて
ありがとうございました。

無事に歌い終わった興奮冷めやらぬなか、お次はギャランティのお弁当( ̄~; ̄)

kanto04.jpg


大学の学食で作られた豪華弁当!
きっとダンナが食べている会社注文のお弁当より豪華なはず
一食の中にハンバーグとエビフライ・・・・・我が家では立派に二食分だ。
(どんだけ貧しいんだ?うち;)

大学の職員の方が礼拝後に学生さんたちが書いてくれた感想を持ってきてくれた
ので、お弁当をいただきながら読ませてもらいました。
そこには嬉しいコメントがいっぱい
ストレートに「歌すげー」とか書いてあって、私も改めて「ゴスペルすげー!
って思いましたヽ(´▽`)/~♪


kanto12.jpg


この後仕事があったので私は早々に失礼したのですが、みんな写真撮ったり芝生
で転がったり追いかけっこしたり押し競饅頭したりしたんだろうなぁ~(妄想中)
いいなぁ、混ざりたかったなぁなぁなぁ~~~(笑)

kanto08.jpg


そういえば、初めての場所、国友先生、ルミナスと揃っているのに、今日は嵐に
ならなかった。
ジンクス、崩壊か?(笑)
いやいや、嵐は嵐でも、感動の嵐が私の中を吹き抜けていったのでしたo(*^ー^*)o


Written by Queen of blog "Hana chan"
Photo by Mama

Live コメント: 0

ホーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。