プロフィール

luminouschoir

Author:luminouschoir
このライブレポートは、メンバーが交代で毎回書いています。ライブの楽しさを、みなさんにお伝えできれば嬉しいです。

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

第3回小田原城ミュージックストリート

2009-09-27

2009年9月23日(水祝)
トーマスでございます。

第3回小田原城ミュージックストリートに参加させていただきました。
小田原城周辺に9カ所のライブ会場が設置され、ルミナスは駅前にある「小田原駅ペデストリアンデッキ」でのライブ。

ヒルトン小田原、横浜教会と足を運んできましたが今回は小田原市在住のメンバーが多いルミナスにとってはホームグラウンドでのライブ、それも2ndコンサートの宣伝もできるとあってみんな気合いが入っていたのではないでしょうか?

そんな日の朝を私は複雑な気持ちで迎えました
集合場所・時間を知らない…そうです、当日の朝になっても連絡がなかったのです
誰かに確認しようと思っていたのですが、社会人になってから分単位、今の職場に来てからは秒単位で時間には気を使っているので「たまにはこんな生活もいいなぁ」なんて思っていたら当日の朝になってしまい、「会場を散歩してれば一人くらいメンバーに逢うだろう」と気楽に家を出ました。

案の定、絶対見ようと思っていた「鴨宮ゴスペルさん」が出演する会場で8人のメンバーと合流。
(みんな考える事は一緒ですね)マイクの不具合で開始が遅れたので10分くらいしか見ることができませんでしたが、練習会場のラスカには無事に行くことができました。

ラスカの6階にあるスペースで国友先生の伴奏で発声・リハーサルをしてからすぐに会場に移動。
スケジュールも順調らしく、30分くらいステージ横で談話してから前の出演者が終わったので準備を始めました。
意外にステージが狭く並び方に苦労していると、スタッフさんにスピーカーの位置を移動していただき広くなって無事に準備完了。

まずは1曲目「He Reigns」メンバーも国友先生もノリノリでお客さんの心をつかみましたね。
これが「国友マジック」なのですね。
ここでしゃねるのMC。本番前すごく緊張していましたが、そんなこと感じさせない程の堂々としたものでした。

oms09-01.jpg


2曲目は「I will follow him
ソロのゆうちゃん、さなえちゃん、りさちゃん、三人ともカッコよかったです。
この曲は、きれいなハモリなので歌い終わったころにはお客さんの人数が明らかに増えているのを感じました。

oms09-02.jpg


3曲目は「Standing right in front of you
ルミナスお得意のアカペラです。
国友先生が歌い終わった時に場を盛り上げるためにお世辞で「素晴らしい」と言ってくれていたと思っていましたが、後で録音したものを聞いたらお世辞じゃなかったのですね。
実はこの曲を一番練習していたのですが、思いっきり間違えました、ごめんなさい。

国友先生が勝手にMCを始めようとした時に、そうはさせないとなほちゃんが乱入して少し長めのMC。
すごく聞きやすく、聞き入ってしまうほど素晴らしいMCでした。

oms09-03.jpg


4曲目は「My life is in your hands
日本語の歌詞で、しかも直前のMCの効果もあり気持ちが伝わりやすかったみたいで、お客さんの中に涙ぐむ方がいました。(その人を見てあろはも泣いていました)
まみちゃんのソロもいい感じでしたね。

oms09-04.jpg


最後は「Oh happy day
この曲はラストの振りが不安だったのですが、えいこさんから「前のゆうちゃんを見てればいいのよ」とアドバイスをいただき、おかげさまで上手くいきました。
はなちゃんのソロも決まりましたね。

oms09-06.jpg


最後にゆうちゃんが2ndコンサートの告知をして、次の人のために素早く撤収。
いつもなら楽屋に戻り解散となるところですが、しかし今日はまだ「仕事」が残っています。
一時間後にママとはなちゃんが参加するユニット「fiara(フィアラ)」の応援です。

oms09-07.jpg


機材と持参したCDの相性が良くなく音が出ないトラブルがありましたが、楽屋に予備のデッキがあったため、さっきーのダッシュでタイムロスを最小限に抑えることに成功。

もうひとつビデオ撮影をしていたパパの後ろにいた私だけが気付いたトラブルもありました。
愛しくてしょうがない」と言う意味の言葉を歌っている時にママがビデオを撮影していたパパに目線を送りましたが、残念なことにビデオの画像は別のところに…
いつまでも仲の良いお二人がうらやましいです。

今まで経験してきたステージのなかで一番お客さんとの距離が近かったので、お客さんの表情など反応がよくわかり私の中では一番達成感がありました。
ますますゴスペルが大好きになりました。

何事もなく気持ちよく歌えたのは、国友先生や暖かい拍手をいただいたお客さんは当然の事ですが、スケジュール管理や会場設置などにご尽力いただいた小田原城ミュージックストリートのスタッフ皆さんの存在も忘れてはいけません。
皆さんありがとうございました。

ライブ後は恒例の飲み会で自画自賛大会
(みんな日々頑張ってきたのだから今日ぐらいいいじゃないですか)
幹事のチロ、しゃねる、お疲れ様でした。

さあ奥さん、次は26日横浜ゴスペルフェスティバルですよ。
しばしのお別れ、解散。

Written by Thomas
Photo by Miwa-chan
スポンサーサイト

Live コメント: 0

ホーム

ブログ内検索