プロフィール

luminouschoir

Author:luminouschoir
このライブレポートは、メンバーが交代で毎回書いています。ライブの楽しさを、みなさんにお伝えできれば嬉しいです。

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

#19 チャリティーライブキャラバンKIZUNA(第5回小田原城ミュージックストリート)

2011-10-25

2011年10月16日(日)

清々しい、秋の晴天。そして、小田原のお祭り。
こんな日は、二の丸広場あたりで、昼間からビールを飲むのが最高ですが、今日は小田原城ミュージックストリート。
しかも、今年もペデストリアンデッキの大トリです。
ということで、ビールは、打ち上げまでお預け。

20111016-01.jpg 20111016-02.jpg 20111016miwa.jpg 20111016chiro01.jpg

朝から11ヶ所のステージで一斉にライブが始まり、Melealoha(あろは&さっきー)、DORAKEN(ママ・はなさん・あろは・ケイン・エディー)、EQ-able(みわちゃん)、KEEP Loose(チロ)とルミナスのメンバーが多数出演。
DORAKENでは、ママが、ゴスペル界のカリスマ亀淵先生ばりに、椅子に座ってのパフォーマンスで貫禄バッチリ!
どのステージも本当に最高でした。
ルミナスは、役者揃いですね。

そして、声出し練習の時間となり、国友先生と合流。
ラスカの屋上で練習を開始した途端、CDプレーヤーが壊れて音がでない、どうしよう・・・
でも、さすがルミナス。
‘港まつり’のハプニングに比べれば、こんなの大した事ではなく、アカペラに切り替え再開。

“AKEKHO OFANA NO YESU”では、国友先生からのアドバイスで、ジャンベの前奏を2~3回まわしてから、ダンスに入る事になり、先生の合図に合わせる事に変更。これが後で・・・
一通りのポイントを最終確認し、心をひとつにして、ペデストリアンデッキへ移動。

そして、ルミナスのステージの時間となり、ワクワク、ドキドキ。

司会の方のMC、国友先生のMCに続き、1曲目の“Highly Exalted”がスタート。
歌い始めてみると、皆の声がデッキに響き、よく聞こえる。
歌いやすい空間で、気分はノリノリ、声もガンガン出ていたので、道行く人も足を止め、聴き始めてくれました。
ノリのいい曲で、視聴率アップを狙う作戦(その1)は成功!

20111016-05.jpg

そして、最初のMCは、もっさん。
初のMCなので、真面目な事を語るつもりでしたが、司会のルミナスの紹介とカブってしまい、とっさにアドリブ。
普通の事を言っても、笑いがとれるのは、キャラクターのせいか?だいぶ皆の緊張をほぐしてくれました。

20111016mossan.jpg

2曲目の“Hosanna”では、安定感のある美しいアカペラを披露。

20111016-06.jpg

そして、3曲目は“AKEKHO OFANA NO YESU”。
国友先生から「打楽器は最初の音で上手さが決まる」とアドバイスを受けた事を思い出しながら打楽器の準備完了。
そして、しゃねるのジャンベは、一発目の音をしっかり決め、順調にスタートしたかに見えたが・・・
次のダンスの入りが、なんだかギクシャク。
思ったより早く合図が出たような気がしたのは私だけ? 

20111016janbe.jpg

しかし、歌っている途中で、ママが「#$%&*?」と合いの手をシャウトしてくれたので、完全に皆の緊張がほぐれ、歌とダンスを楽しむ事ができました。
ちなみに、あの時ママには、“ゾウ”が見えたそうです。
天国のウメ子さん、ありがとう
そして、しゃねるのGood jobに拍手、パチパチ。

次のMCは、かなちゃん。
かなちゃんも初MCで、緊張気味でしたが、元気良く、曲紹介スタート。
途中、2011を2001に間違えたのも、ご愛嬌。
曲紹介もスラスラでバッチリでした。

中盤に入り、4曲目の“上を向いて歩こう”では、Glory hallelujahの入りがバッチリ揃いジーンときました。
そして、5曲目は、ママがアレンジした“Amazing Grace 2011”を初披露。
Scat隊の歌声に合わせて、国友先生が何回か合いの手のパスを出してくれましたが、勇気が出ず・・・
もっと練習しましょう。
個人的には、お酒を飲めば、いける気がする。(笑)


最後のMCはママ。
東日本大震災後に、海外から“Pray for Japan”のメッセージとともに届いた” Heal The World”の曲紹介。
そして、ルミナスのチャリティーステージが、今回で20回目となり、あと2万円で50万円に届くといった
とても、とても、分かりやすい告知はさすが。
なんと寄付金が総額50万円を超え、作戦(その2)も成功!

20111016bokin.jpg

最後の曲は“Heal The World
本番に強いルミナス。練習以上に好調で、国友先生もノリノリ。
しかし、2番の英語歌詞をクリアーした途端、事件が発生!「きっと 今―こそが」の「きっと」が、スッポリ抜けた
そして、皆が抜けた事に気付き、挽回するかのように「そう思うなら」の「そう」をいつも以上に強調。
でも、歌い終わってみれば、観客の中には、涙して下さった方もいて、作戦(その3)も大成功!!

20111016heal01.jpg

ルミナスの祈りが届いた瞬間でもあり、そして、ルミナスの一員である事を誇りに思った瞬間でもありました。
国友先生も、なんだか‘どや顔’だったような気がします。

ステージが終わり、帰りがけに、応援して下さった方からの反響も大きく、改めて大盛況だった事を実感。
ルミナスのステージを聴いて下さった方、募金して下さった方、本当にありがとうございました。
また、募金を手伝ってくれた、なおさんの息子さん、たくさん写真や動画を撮ってくれたおマミの旦那さんも、ありがとうございました。
そして、ルミナスの皆さん、お疲れ様でした。

私は、‘港まつり’に続き、2回目のライブでしたが、国友先生の指揮とテナーのメンバーの歌声にリードされ、精一杯歌う事ができました。
そして、打ち上げでは、楽しい仲間に囲まれながらの大好きなビールも最高でした。
また、美味しいビールを飲むために、次のライブも頑張るぞ!!

最後に、ママへ。
ルミナスのために、いつも、大切な時間をたくさん割いて下さって、ありがとうございます。
ケガが早く完治して、復帰される事を、皆で待っています。


Written by ハイド
スポンサーサイト

チャリティーライブ コメント: 0

緩和ケア市民公開講座のトリを飾る!!

2011-10-16

2011年10月8日(土)

ルミナスのみなさん
3連休の中、たった2曲のために20名以上のメンバーの参加ありがとうございました
おかげで会自体も明るく爽やかな雰囲気で終わることができました。
この場を借りて、主催者側の立場から深くお礼申し上げます。

10/8は「世界ホスピス緩和ケアデー」とされていて、ホスピスや緩和ケア普及を目的としたさまざまなイベントが世界各国で実施されています。
また歌声を通してホスピス緩和ケアの啓発・普及をめざす世界規模の運動"Voices for Hospices"というものもあります。
世界各国の会場では、現地時間の午後7時30分に、ヘンデル「メサイア」の一節「ハレルヤ」が歌われます。
時差によって歌声がリレーされ、地球を一周することになるのです。

そんな趣旨のもと歌声で世界をつなぐ一環として、ルミナスと医師会合唱団に白羽の矢が立ったのでした。
当初は「ハレルヤ」を歌ってもらうことも考えていたのですが、急なお願いだったため選曲は各団体にお任せし、ルミナスでは最終的に「世界にひとつだけの花」「Standing Right In Front Of You」が選曲されました。
そして主催者側のお願いで会場の全員で「Believe」の合唱をしていただくことになりました。
歌声を通して会場のみなさんの心に少しでも心穏やかになってもらいたい。
そういう願いに賛同していただき、忙しい中多くのメンバーに参加していただきました。


当日は天候に恵まれ爽やかな心地よい日です。
14:30に準備のため集合してリハーサルを行いました。
ここからは、緩和ケアの方は他のスタッフに任せてケイン、エディもルミナスのメンバーとして参加しました。

おそろいのTシャツに着替えてスタンバイO.Kです。
機材セッティングから何から何までルミナスに頼りきっていたために、出番は15:30からでしたが、みなさんには午前中から動きまわっていただいていました。
本当にありがとうございました。

20111008-01.jpg

さて、控え室では本番用の機材のセッティングを兼ねてリハーサル開始です。
実は「Standing~」は前から決定していましたが、講演会参加の方々への配慮や機材のセッティングの関係などでもう1曲がなかなか決まらず、当日の午前中にようやく「せか花」に決まりました。
しかし、やはりルミナスのメンバーはすごい。
歌い慣れているということもありリハーサルもいい感じで本番も期待できます。

そして、いよいよ出番です。
今回、会場はマロニエホールと言われる体育館です。
天井は高く響きは良さそうですがうまくいったのでしょうか?

実は、講演会の反省会の中で上々の評判をもらいました。
のちほど紹介しますのでお楽しみに!。
その前に、今回のM.Cは、密かに市民公開講座の演者も務めていたケインです。
本業もさることながらかなりいい感じでした。

20111008-02_20111016100915.jpg

ルミナスの生い立ちから、ホスピス緩和ケアデーの事、愛のある歌を世界に歌い継ぎたい気持ち、そして震災後から継続して行っているルミナスチャリティーライブキャラバンの紹介、来週もミュージックストリートで募金活動の予定など心をこめて語っていました。

そして「世界にひとつだけの花」「Standing Right In Front Of You」の2曲を披露しました。
ママがミキサーを調節して絶妙の音量に合わせてくれました。
そして気持ち良く歌うことができました。
曲が終わり大きな拍手をもらった気がします。

20111008-03.jpg

続いて小田原医師会合唱団の歌でした。
ついこの間パリまで遠征に行った程の実力派です。
合唱団らしく男性は黒、女性は白の正装で登場されました。

こだまでしょうか」「ゆりかごのうた」「大地讃頌」をしっとりと歌われていました。
最後に「Believe」を会場の全員で合唱しました。詞も旋律もとてもいい歌です。
あっという間に楽しい歌の時間は終了しました。
そして、会場が心地よい空気につつまれる中講演会も無事に終了となりました。

20111008-05.jpg

さて、終了後の反省会での市立病院職員のルミナスへの声です。(注)これはやらせではありません。

・「素晴らしかった。」
  ・・・と全員の声。

・「『世界でひとつだけの花』が始まった時、急に引き込まれた。」
  ・・・と異次元に入った人もいれば

・「寄付の話を聞いて、こちらでも募金箱を用意すべきだと思った。」
  ・・・と震災の事を忘れてはいけないと「はっと」気付いた人や

・「ルミナスなら募金したくなる。」
  ・・・とうれしいことを言ってくれる人

・「もっともっと聴いていたかった。」
  ・・・とさらにうれしい感想

・「お金を払ってでも見たい。」
  ・・・と本当に!?と思うことを言ったり

・「またコンサートがあれば聴きに行きたい。」
  ・・・と、こちらも、もはや中毒症状の人もいたり

・「standingは英語の歌詞だったけど、本当に良かった。言葉の意味は分からないけど心に響くものがあった。」
  ・・・という声や

・「会の締めくくりにふさわしい感じだった。本当に感謝したい。」
  ・・・と僕の代弁をしてくれ人がいたり

・「講演会の内容が暗くなりがちだが、最後に澄んだ気持ちで終わることになって感謝したい。」
  ・・・や

・「医師会合唱団と全くジャンルが違ったので観客を飽きさせなかった。」
  ・・・と今後のコラボを予感させる声もありました。

まだ他にもありますが、それぞれに最高の評価をいただきました。
是非ともこの評価をみなさんに聞いてほしくて、忘れないように帰ってすぐメモしておきました。

来客者の感想も上々だったようです。
会場でアンケートを取っていたので、またお知らせしたいと思います。

おかげ様で会場にいた皆さんがいい気持ちで帰って行かれたと思います。
本当にありがとうございました。

Written by エディ

Live コメント: 0

披露宴ライブ

2011-10-05

10月2日(日)晴れ

この日私(しゃねる)の友人が結婚式を挙げました
今回はその披露宴で余興ライブをしてきましたのでご報告します☆

13:00 みんなで集合・発声と練習をしました。

20111002-00.jpg

この時私はすでに披露宴会場にいたのですが、今回私は新郎新婦へのスピーチ&曲紹介担当という事で、予定の本番が近付くにつれて顔がフリーズ(かなりの緊張気味に…)

一緒に余興準備をしてきた友人にも「ちょっと!!緊張感伝わっちゃう( ̄□ ̄:)ご飯入れてリラックス☆」…と言われたのですが、食事の手が震えてお皿とナイフもカタカタ(笑)歌うことより話すことの方が私には難しいみたいです。(やる気はあるんですがね)

しばらくその調子でバクバクしていたら、いよいよの本番がきてしまいました。

緊張の2分間スピーチスタート!!

20111002-01.jpg

「○○君・□□さん、本日はこのようなおめでたい席にお招き頂き…」と話し始め、実は頭の中じゃパニックルーム!!

(ゲッ!!しょっぱなから「ご両家の皆さま」っていうフレーズ抜かしてしまったぁぁ…

とにもかくにも結婚式のスピーチとあって粗相の無いようにと、結婚式マナーやスピーチの正しい姿勢・タブー言語をかなり調べました。

しかしやっぱり本番は難しいですね。
考えて練習してきた言葉は半分くらいしか出てこなくて、あとはその場に出てきた言葉をズラズラと。

それでも何とか曲の紹介までを終えたので、あとは心を込めて歌うだけです!(きわどいMCはさておき、ルミナスの美声で感動させるぞー)

1曲目 Oh Happy Day
今回は一緒にお祝いをしたいという友人3人が加わり、ルミナス+友人含む15人で歌いました!

20111002-02.jpg

曲がかかると「あれ?おかしい…」2曲目がかかっちゃっているよ!!
「音響さん、違いますー。それ2曲目ですぅぅ。」(心の声)

気を取り直して「Oh Happy Day」

やはり王道ですね。
ご列席された人のほとんどが知っている曲のようで、途中から手拍子をしてくれた人も沢山いました。(選曲して良かったー♪)

20111003-001.jpg

2曲目 きずな
「きずな」は日本語の歌詞で、響きやすくメッセージ性の強い曲です。

ルミナスみんなが大事に歌っている曲でもあり、私も大好きな曲です。
サビ?の「ありがとう、生まれてきたこと」という部分は特に丁寧に歌いました。

途中CD?音響?音が飛んでしまうアクデントがありましたが、早い段階で立て直せたので、まぁセーフってことでいいかな。

また聴いてくれた皆さんが食事の手を止め、わざわざ体を向けて聴いてくれた人もいてとっても嬉しかったです。

途中トラブルはありましたが、無事ライブ終了。
新郎新婦の心にはジワっとくるものがあったようで、とっても喜んでくれました。(お礼のお菓子も沢山もらっちゃいました、やった!)

またご列席の方で良かったと声をかけてくれた人がいたので、勿論今度の10月16日に行われる「小田原ミュージックストリート」の宣伝しちゃいました!

今回のライブではMC担当という事もあり、改めて「きずな」という意味を考えさせられました。

20111003-002.jpg

こうやって1つ1つのライブの回数を重ねるごとに、ルミナスと地域、伝える側と伝わる側の「きずな」がどんどん濃く強くなっているなぁ~という事を実感しました。
歌は素敵ですね。これからも歌で心を伝えていきましょう(^▽^♪)

以上、披露宴ライブレポでした~次回のライブまでアディオ~ス☆


by しゃねる


※写真は、御本人達の了承を得て載せています。

Live コメント: 0

ホーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。